スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいなりさん。

愛知県へ1泊2日のドライヴ旅行。
またまたダーリンのお友達との「食べまくり旅」を満喫!

1日目、
集合時間よりかなり早く到着したので
東名高速道路・豊川IC近くにある、豊川稲荷に立ち寄ってみました。

P6293288-001.jpg

瓦や柱が長い月日を感じさせてくれる、立派な建物。

P6293285-001.jpg

休日の朝早くとあってか、参拝客は全くなく…
本殿の奥から聞こえてくるお経の声に誘われるまま、
ぼーっとしながら境内を散歩。

奉納されたのぼりがそよそよはためく道をずーっと奥へ行くと、
たくさんのお狐様が出てきました。

P6293312-001.jpg

お稲荷さんは、商売繁盛や芸事の上達をお願いするところ
とのことで、しっかりとお参り。

P6293311-001.jpg

お参りのあとは、朝食替わりのおいなりさんをペロリ♪
ここでは「いなほ寿司」と書いてあります。

P6293316-001.jpg

朝が苦手な私だけど、たまにはこういうのもいいなー。
「早起きは三文の得」のような気分になれました。

P6293284-001.jpg

さつき晴れ♪

ツバメが子育てに忙しい5月のある週末、
東北方面へドライブに行ってきました♪

P5263241-001.jpg

目的地は、母ちゃんのリクエストにより「会津・大内宿」
江戸時代に全盛だった、宿場町だそうですよ。

大内宿の見所は、なんと言ってもこの町並み。
茅葺き屋根の建物が、いくつも並んでいる場所も珍しいのでは。

P5263252-001.jpg

実はわたし、ここを訪れるのは3回目。
真冬と真夏、今回は初夏。
ヤマツツジが満開で、山の緑も映えて、なんとも清々しい景色。

P5263237-001.jpg

到着したのはお昼時。
定番の「一本ネギで食べるおそば」をいただきます。

P5263221-001.jpg

さっぱりしたおつゆと、ネギの程よい辛さとが相まって
お蕎麦が苦手な私でも、ツルツルっと食べられちゃいました(*^_^*)

P5263233-001.jpg

久々の東北、日帰りドライブにはちょうど良い距離。
そして、帰りはちょっと寄り道。

P5263258-001.jpg

ダーリンのおじいちゃんと初対面♪

ホワイトアウト!

ニュースにもなっていた、あの吹雪の中、苗場へスキーに行ってきました~。
駐車場はマイナス8度、山の上はもっと低かったと思われます(^_^;)

独身の頃はシーズンになるとうずうずして出掛けてたけど、
いまやすっかりインドア派。

昨年、7~8年ぶりに連れて行ってもらい、ゲレンデに立ってちょっとビビりつつも、
意外と体は忘れないもので、一応自分なりのフォームで滑れました。

それからまる一年。
新潟方面は天気予報通りの猛吹雪。

しかしそこは苗場、吹雪でもリフトは動いてる~!

ゴーグルの内側が雲って凍って視界ゼロ。
ゲレンデには人がまばらなので、ぶつかる心配もなくウェアの色だけを頼りに滑走。

体力がなくて踏ん張りがきかず、転んでもすぐに起き上がれなくて
すっかり雪まみれ。

あまりに真っ白な世界なので、ふっと我に返ってしまうと
「こんなひどい天気の中、何をしているんだろう…」
となるので、ここはあまり深く考えず楽しまないと。

行き帰りはAくんが車の運転をしてくれたので超快適。
と言うか、もう帰りには体はギシギシでした。

写真も撮りたかったけど、カメラを出すのも一苦労。
次回はまた来年かな。
次こそいい天気で滑れたらいいなー。

あー、その前に体力作りしなくちゃなー(;_;)

ほわほわ。

今回の旅でもやっぱり来てしまった、大好きな場所♪

食器やさん、カフェ、布地やさんの3軒が並んでいる
私にとっては、ものすご~くスペシャルな場所♪♪♪

PB241455-001.jpg

左側のお店「クーヴェール・ア・ラ・メゾン」

オリジナル食器が並んだ棚を行ったり来たりしながら
時間をかけて、本当に気に入ったものを少しだけ購入。

PB241464-001.jpg

夢中になって選んでいたので、喉が乾いて小腹も空いたことに気づき、
お隣の「ペコリ」でひと息入れることにする。

今日のおやつは、コーヒーとさつまいもプリン。
なかなかのボリュームに満足。

PB241486-001.jpg

ペコリでは、クーヴェールで扱っている食器を使っているので
気に入ればお隣に行って買うこともできる。

もうすぐラストオーダーという時間、
厨房では翌日のランチの準備をしていた。

ずらっと並べられた食器たち。
陶器や磁器、半磁器などの特徴をちゃんとふまえてお手入れされている。
明日の美味しいごはんのために、こうやって乾かしておくんだって。

PB241474-001.jpg

そして右のお店「ボビン」へ。
ペコリのスタッフが着ているエプロンや帽子はボビンのオリジナル。

お店の中はすっきりしたレイアウトで、
布地も麻やコットンがセンスよく並べられている。

PB241459-001.jpg

この空間にいるだけで、心がほわほわになる。

名残惜しいけど、いつもの場所で旅の締めくくり。

PB241499-001.jpg

このあとは帰路につき、ハイウェイを駆け抜ける。
もちろんスピードは控えめに、途中の休憩はたっぷりとりながら。

また次回、行けることを楽しみに…。

うふふがいっぱい♪

旅行最終日の朝、
名古屋チームのお友達がモーニングに誘ってくれたので
コメダ珈琲店で待ち合わせ。

コーヒー1杯に付いてくる、トーストとゆで卵。
このモーニングの仕組み、大好き♪
関東でも定番になってくれることを切に願っております(笑)

PB241420-001.jpg

朝食後、私の好きなお店巡りに付き合ってくれると言う
ダーリンのありがたいお言葉に甘え、
前々からチェックしていた場所へ行くことに。

一つ目の場所、
もっと早くから知っていたら、絶対通い詰めたと思う「紙の温度」

倉庫のようなお店の中には、洋紙や和紙が所狭しと置いてあります。

特に和紙は手漉きのものが多く、目移りしてしまい、
ちょっとやそっとじゃ選べないので、結局、洋紙を少し購入しました。

PB241422-001.jpg

「買うのはいいけど、ちゃんと使ってね~」
とダーリンからのやんわり注意。

そう、私の悪い癖で、気に入ったものはどんどん貯め込んでしまうのです。
だって見ているだけでも嬉しくなるんだもの~♪ふふふ~ん(*´ω`*)

二つ目の場所は、覚王山通り。
覚王山にはお寺がありますが、まだ一度もお参りしたことはないです…(^_^;)

PB241436-001.jpg

雑貨屋さんやカフェなどが点々と続く、趣のある街。
ずーっと車で移動しているので、少し歩いてランチ&お散歩。

そして三つ目は、やっぱりいつもの場所。
昨年の名古屋旅行の時も寄ったけど、今回もまたまた来ちゃった♪うふ(^-^)v

PB241465-001.jpg

こべんき!

引き続き、INAXミュージアム。
場所を移して、こちらは資料館。

明治時代に作られた、青の染付で美しく飾られた陶器。
あまりの美しさに、うっかり大きな花瓶かと思っていたら…

PB231379-002.jpg

なんと、便器!

染付古便器(そめつけこべんき)と呼ぶそうです。

上の写真はきっと男性用だろうなあー。
よーく見ると、使われた跡が見え…いやいや、もちろんきれいに磨かれています。

あ、ここでは使用禁止ですよー(笑)

PB231380-002.jpg

当時はかなりの贅沢品だったんだろうなあ。
し、しかし、こんな美しい陶器を前にしたら、出るものも出なくなりそうだー(^-^;

そして、現代のトイレがこちら。

タイルが上下左右ふんだんに使われている。
清潔感があって、きれいに使おうという気持ちになる。

PB231404-001.jpg

ウチもどこかにタイルを貼りたいな…そのうちね。

外に出るともうすっかり暗くなり、このあたりで時間切れ。

ミュージアムの中の施設は、大きく分けて6つ。
そのうちじっくり見られたのは3つ、ほかは駆け足で回ってきました。

タイルを使って小物作品が作れる工房もあったりして
もう少し時間があればいろいろ楽しめたかも。

でも、ほかのお客様はあまりいなかったので
遠慮なくバシバシ写真を撮らせてもらいました(*^^)v

PB231409-001.jpg

やきものミュージアム。

お魚市場をあとにし、次に向かったのは常滑市。

機会があったら一度行ってみたかった「世界のタイル博物館」
「INAXライブミュージアム」の中にあります。

PB231287-001.jpg

到着したのは夕方、閉館時間は17時ということなので急ぎ足で受付へ。
入館料を払い、写真撮影について尋ねるとOKという、太っ腹なお返事。

さてさて、あと1時間ほどしかないのでサクサク進まなければ。

目に鮮やかなターコイズブルー。
美しすぎる入口。

日の光を浴びたらきっともっと輝くんだろうな。

PB231291-001.jpg

こちらもタイル。
丸い棒状のものをカットして組み合わせてある。
素朴な焼き物でも、デザイン次第でこんなに素敵な空間を作る。

PB231295-001.jpg

天井に飾られた、イスラームのドーム。
じーっと眺めていると、ライトが変わる
なんだかヘンテコな世界にいるみたいな感覚になる。

PB231302-001.jpg

展示してある中の、世界最古のタイルは4600年も前のものだって。
当時のままの青色が今でも見られるなんて、タイルならではってことなのかな。

待ち時間に。

前の日の晩に、頑張って車を走らせたおかげで
待ち合わせの時間に余裕で到着。

知多半島・美浜地区はえびせんが有名だそうなので
名古屋市方面からやってくるダーリンのお友達を待ちながら、
えびせんべい工場で「えびせん焼き体験」に挑戦。

まずはえびせんの素を、熱くなった鉄板にのせます。

PB231223-001.jpg

えびせんの材料は、エビとじゃがいも澱粉と調味料。
鉄板のふたをし、くるくるとハンドルを回してギュッと抑えます。

PB231228-001.jpg

3分40秒で焼き上がり。
鉄板を上げると香ばしい匂いのえびせんが出てきます。

PB231232-001.jpg

えびせんに絵を描きます。
赤い液体はソース、黄色い液体は醤油。

子供たちもワサワサいたので、
ちょっとお隣の様子をのぞき見したりして。

ふっふっふ、私のほうが上手に描けてるかも?

PB231241-001.jpg

絵が描けたら、乾燥機に通し約2分。

PB231247-001.jpg

出来立てほかほか、myえびせんのできあがり!

PB231245-001.jpg

えびせんべい焼き体験は約10分ほどでできるので、意外と人気。
別棟の工場見学もできます。

ほどなくして名古屋チームと合流。
「相変わらずラブラブやね~」と大ウケ(呆れられ?)でしたっ(*≧∀≦*)

うふふ、ふぐ♪

名古屋のお友達に誘われたダーリンに付き合い、
今回は1泊3日の強行旅行を計画。

知多半島の先端へバビューン!
と、ひとっ走りドライブに行ってきました!

今回の目的は…

ふぐでーす!!!

PB231257-001.jpg

てっさ(お刺身)、てっちり(お鍋)、ふぐの唐揚げ、
白子焼きに仕上げは雑炊。

最初から最後までふぐづくし。

運転はダーリンにお任せなので、昼間からひれ酒を頂いちゃいました(#^.^#)

PB231261-001.jpg

歯ごたえプリプリ…お、おいしい(T ^ T)

夜通し走った甲斐があったよおお。

PB231271-001.jpg

お腹いっぱい食べたあとは、ふぐのようなお腹を抱えて
お魚市場へ行きました。

PB231272-001.jpg

美味しそうだけど旅の途中、
持って帰れないので、見るだけ~。

そう、これからまた車を走らせ、次の場所へ移動なのです!

で、写真は・・・?

そろそろお店を出ようということになったけど
外に出ると、やっぱり寒い。

雲はすっかり晴れたけど、周りのビルの影になり
なんとなく撮りはぐれ…

結局、再びカフェを探し、おやつの時間にしました。

雨のNewYorkをイメージして?NYチーズケーキ♪

PB191194-001.jpg

「カメラさんぽ」は「カフェさんぽ」になってしまったねー
なんて笑いながら、第一回目は終了。

まだまだ腕の上がる余地はありそうなので(笑)
がんばって写真撮るぞー。

PB191202-001.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。