スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おてつだい。

20080704130622
これ、なんだかわからないよね~。
ブルーベリーの苗木を苗床に挿したものです。
ブルーベリーの木は種から育てるのではなく
挿し木で増やします。

この挿し木ができる期間は本当に短いので
朝日が昇る前から仕事が始まります。

で、先週、今週と、私も呼び出されて
微力ながら実家のお手伝い。

挿し木は数千本作りますが
実が採れるような成木になるのはほんの一部。

真夏の水遣りや日よけ、冬になる前のハウスへの大移動、
大きくなるまでのお世話も、これまた大変な手間がかかります。
なので大きく実が採れるようになると、本当に嬉しい♪

でも、実家は植木屋サンなので
大きくなると木が売られていってしまうのです。
本当はそれが一番喜ばしいことなのですが
実が食べられないのはちょっと残念。

ちゃんと根付いてくれるように願いを込めて、
今日も一本一本挿してます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ~

お嬢v-238
実家のお手伝いだんてエライ!!
ブルーベリー食べれないの?
きっとおいしいんだろうな~

うわ~売れないで欲しい…売れて欲しい…複雑だ~!鳥が狙いに来てたのを思い出すわ!

♪Koz さん

ブルーベリーは、今年は少しだけ食べられました♪
あ、一昨年漬けたブルーベリー酒があるので、
ぜひ飲みにいらしてね。

♪おうこ さん

鳥って、熟して美味しい時期を知ってるんだよね!
新たな敵、蟻もいつの間にか寄って来るんだよ~。
蜘蛛とかカミキリムシもいたり。
無農薬は虫との闘いだわっ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。