スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ、そして旅の締めくくり。

まだ締めくくっていなかった、イタリア旅の話。
最終日はミラノ。

ミラノでの滞在時間はほんの半日。
午前中はこのツアーのアピールポイント、
レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」を見学。

予約をしないと決して入ることはできない、という程の人気。
見学時間はきっちりと管理され、遅刻も延滞も許されない。

真冬のためかとてもすいている、ハイシーズンはもっと人で溢れている
と現地ガイドのMさんが言っていた。

P2082890-001.jpg

ミラノの街の中をトラムが走る。
車もバイクも、人も自転車も、みんなお互いに同じ道を往く。

この街に住む人にとっては、いつもの変わらない風景。
旅行者の私は、もうすぐここを離れるのかと思うと、少し寂しくなる。

P2082900-001.jpg

ミラノの大聖堂はひときわ大きい。
たくさんの人が行き交い、様々な国の言葉が聞こえる。

P2082930-001.jpg

広場のすぐ横には、カフェ。
注文の方法が分からず立ち往生していると、ご高齢のおじさまが
「あっちで注文するんだよ、わかるかい?」
と優しく声をかけてくれた。

こんな少しの会話でもうれしくなる。

P2082940-001.jpg

バスに乗り込み、一路空港へ。
まだもう少し旅を続けたいたい、という気持ちと
やっと家に帰るんだ、という気持ちが混ざり合う時間。

P2083004-001.jpg

無事に行って帰ってこられたこと、いろいろなものを見たり聞いたりできたこと
初めてのことやハプニングなど、本当に楽しい旅をさせてもらいました。

またいつか行けたらいいな。
ありがとね、イタリア!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。