スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィアから、ヴェローナへ。

前夜の興奮冷めやらず、まだ夢を見ているよう。

…というより時差ボケ、やっぱり4時に目が覚める。
本当に困ったものだ。
着替えをすませ、朝食の時間まで散歩に出ることにする。

P2072618-001.jpg

日の出の少し前、荷物運搬用の船や市場が忙しく動き出した頃。
この季節は、午前10時頃まで潮が上がってくるらしい。

P2072620-001.jpg

靴が濡れることはないけど、
運河の近くに寄ると道が濡れているので油断はできない。

P2072757-001.jpg

ホテルをあとにし、まずはリアルト橋まで添乗員T氏の後に着いて歩く。
ヴェネツィアでの観光時間は短く、前日に目星をつけた場所を目指す。

P2072639-001.jpg

青白かった空が、時間が経つにつれ晴れてきた。
イタリアの日差しは眩しく、色づかいが日本と違うことを再度、実感する。

サンマルコ広場に着くと、ゆっくりと潮が引くところだった。

P2072648-001.jpg

まもなく、観光客とカルナバーレの人々が入り混じり、辺りは賑やかに。
さっきまで静かに朝を迎えていたサンマルコ広場が、社交の場へと変わっていく。

P2072683-001.jpg

そしてカメラを向けると、こちらを見て微笑んでくれる。
もちろん、ご挨拶を忘れずに。

「ブォンジョールノ、フォトグラファーレ、ペルファボーレ!」

P2072702-001.jpg

ベネツィアでのカルネヴァーレは、マスケラを着けるだけでも参加できる。
お土産用に買ったマスケラはすでにスーツケースの中…。
手元に持っていればよかった、かも。

P2072685-001.jpg

衣装を身につけた人たちと、写真をたくさん撮ったあとは街めぐり。
建物の中に入ると重い雰囲気が漂い、最盛期を垣間見ることができる。

P2072658-001.jpg

お昼を過ぎ、到着したときと同様、船に乗りベネツィアを出る。
再びバスに乗り換え、次の目的地へ。

途中、観光のためヴェローナに立ち寄る。
約2時間ほどの散策だけど、長時間バスに揺られている身としては
背伸びしたり、足を動かしたり、体のためにはちょうどいい休憩時間。

ヴェローナは世界遺産にも登録された古都。
シェイクスピア「ロメオ&ジュリエッタ」の舞台にもなった場所があることで有名。

そのためか、愛の街とも言われているらしい。

P2082801-001.jpg

今まで見たほかの都市部よりもこじんまりしていて、可愛いらしい。

ぷらぷらと歩いて、円形闘技場の近くでぼーっとしていたら、
夕陽が美しくアリーナを照らしはじめた。

ちょうど仕事帰りの人達が、自転車や早歩きで家路に向かう時間。

P2082811-001.jpg

どちらが綺麗なシルエットに撮れるか?

なんて言いながら、ダーリンと撮影合戦。
広場の真ん中で、石畳に寝転ぶほど低い姿勢で写真を撮っていると、
みんな上手に避けて歩いてくれる。

すると仕事帰りのような出で立ちの、端整な顔立ちのおばさまが闊歩しながら

「ヴェローナ~○×△ベッラ?」

と、すれ違いざまに声をかけてきた。

P2082820-002.jpg

大きな声だったので、邪魔だったのかなあと思って、
は、はい!?と返事をすると

「ヴェローナの夕日は美しいでしょう?」(多分そんなかんじのイタリア語)

ベッラ?ベッラってなんだっけ?えーと、ベム、ベラ、じゃなくて!!
あ!美しいって意味だ。

「Si!!Bella!Bella!」

と、こちらも大きな声で返すと、満足そうに歩いて行ってしまった。
外国人に自分の街を自慢できる気持ち、見習いたい。

ヴェローナを出て、ツアー最後の都市、ミラノへ。

到着するとすでに夕食の時間。
ミラノ風カツレツとリゾットをいただくと、意外とお腹がすいていたことに気づく。

食事のあと、ホテルへチェックイン。

イタリアでの最後の夜なので、バールへ飲みに行こう!
と思ったら、ホテル周りの店はすでに閉店後。
1軒だけ開いていた小さなバールで、ビッレを1杯だけ飲んで帰ってきた。

明日はツアー最終日、ちょっぴり切ないな、イタリア。

P2082854-001.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆきちイタリア旅行のblogを見て、私も一緒になって堪能したよv-500
何年経ってもあの街はずっと変わらないから、また皆でいつか行きたいなぁv-510

♪marcoさん

一緒に行けたらよかったんだけどなー(*^_^*)
長いレポートになっちゃったけど(笑)、読んでくれてありがとー♪
イタリアの街を歩いてみて、ずっと変わらない良さっていいなあって思ったよ。
あー、思い出すとまた行きたくなっちゃう!次はぜひ一緒にねo(^▽^)o
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。