スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こくどうの旅、その1。

気づけばもう夏真っ盛りですねえ。

5月にたけのこ掘りを一緒に行った方からのお誘いを受け
1泊2日の日程で、夏の旅行に出掛けました。

メインのイベントは2日目、愛知県での集合なので、
1日目は目的地までのドライブを楽しもうと温泉宿を予約しました。

P7270125-001.jpg

今回はダーリンたっての希望で、南アルプスを眺めながら走ることに。
高速道路のICを降り、R152を南下。
景色はとても美しく雄大で、つい車窓を開けてしまったら・・・
じりじりと腕に突き刺す陽射しがあまりにも痛くて
涼を求めて、高遠城跡公園にてしばし休憩。

P7270154-001.jpg

公園内に入ると、きちんと整備されているのに人の気配はほとんどなく
どうしてこんなに静かなんだろう?と思ったら
どうやら桜で有名な公園で、春は大変な賑わいなのだそう。

P7270137-001.jpg

昔々のお殿様やお姫様も、こんな暑い夏の日を過ごしたのかしら・・・

と歴史ロマンを感じつつ、公園の外に出ると
寺子屋の様子のお屋敷から
「子、のたまわく・・・」
と教えを説く先生の声に続いて、大勢の子供達の声が聞こえてきました。
そうか、もう夏休みなんだ~。

P7270143-001.jpg

P7270144-001.jpg

再びR152を進むと、分杭峠に差し掛かりました。

この一帯は磁場が強烈に引き合っている場所で、
写真中央の下に写っている建物の下のほうへ行くと、ゼロ磁場らしいです。
うーん、何か感じるかなあ?と思ったけど、わかりませんでした(^^;

P7270157-001.jpg

この日はまだ制限日に掛かっていなかったので、峠を走れましたが
峠付近の道は細く、車がすれ違うのもやっと、という箇所もあり
混雑回避のため、夏の間は自家用車の走行は制限されるみたいです。
道路の端にお知らせ看板が出ているので、もし行かれる方はご注意を。

P7270155-001.jpg

お天気は夏空、ずっと続く山道、
少々荒い路面もあるけど、かなりご機嫌な車の旅。

峠も無事越えられたし、一息入れようと
途中、横道に逸れて川遊び。

P7270168-001.jpg

ちょっと遠出をするときは、ガスボンベとお鍋、
コップ、お水、ドリップコーヒーのパックなどを積んでいきます。

P7270176-001.jpg

で、気に入った場所が見つかると、こうしてカフェタイムを楽しんでます。

P7270177-001.jpg

砂防ダムが多いせいか、魚は見つからなかったけど
小さなおたまじゃくしがちらちら泳いでいました。

P7270190-001.jpg

水の波紋と石の波紋。

P7270189-001.jpg

川岸には野の草花。
子供の頃は、へびいちごなんて呼んでたけど
本当の名前はなんていうのかな?

P7270183-001.jpg

童心に帰って遊ぶこと約1時間。
その間に近くの道路を通ったのは、車3~4台、バイク4~5台ほど。

そろそろ人里に下りようか、と
次に向かったのは、長野県飯田市にある元善光寺。
牛に引かれて善光寺参り・・・
の、あの善光寺がもともとあった場所、だそうです。

空腹を思い出し、参道にあるお店でお蕎麦をいただくことにしました。
ジャズの流れるお蕎麦屋さん、なんだか落ち着くなあ。

P7270200-001.jpg

再び車に乗り込み、R152からR418へ。

今夜の宿、湯谷温泉に向かって南下を続けるのですが・・・
このあとの写真がありません。

じつは、ここからが今回の旅の肝になりました。

宿までの距離を考えるとチェックインの時間に間に合わないかも!という事態に。
途中の休憩がちょっと長すぎました。

ナビでルートを選ぶと、県道1号を行け、と出ました。
地図を見ても近道なのかわからないな?と思う細い道。
初めて通るので、距離に見当がつきません。

天竜川を眼下に見ながら、天竜奥三河国定公園を抜ける道なのですが
実はひたすらワインディングが続く、
見事なまでにガレ場の多いこわーい道でした。

落石注意の看板どおり、至るところに山崩れ。
途中からは対向車も来なくなり、先が読めない状況。
落ちても誰にも気づかれないんじゃないだろうか・・・

写真を撮ろうという気持ちの余裕なんて、すっかりなくなってしまいました。

それより、ダーリンが緊張感を保って運転してくれているので
助手席に乗っている私もダウンするわけにはいかない。
と気張りつつ、2時間以上、左右に揺られてさすがに目が回ってきた。

あー、もう限界かも~~~吐く~~~(涙)

と、トンネルを抜けると見慣れない動物。
小鹿だ!まあるい目でこっちをチラッと見た!
ひゃー、かわいい!!

写真を撮りたかったけど、驚かすと申し訳ないので
そのまま通り過ぎてしまいました。

するとその先にも、猿の一群が子供連れで横切ったり
人家のない山の中なのに野良猫が道路に横たわっていたり
目を楽しませてくれるものに会えて、なんとか気分を盛り返し
約3時間の山道を乗り越え、無事、宿に到着することが出来ました。

川沿いの宿での御夕飯は鮎尽くし。
それから、ドライブで緊張した体をほぐすべく、
温泉にゆっくり浸かってきました。

なかなかハードな1日目、ビールがいつもより美味しく感じられました。

つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。