スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶と記録。

3月11日14時46分過ぎ、
地震の時、私は一人で在宅していました。
揺れが大きくなるに連れてこみ上げてきたのは

このまま誰にも会わずに終わってしまうのは嫌だ!

という思いでした。
こんなに強く何かを願ったのは、初めてかもしれません。

ケガも何も無かった自分でさえ、こんな思いになる。
被災された方々の気持ちを考えると、
心が張り裂けそうになります。


今回の大きな地震で、さまざまな事を思い知らされています。
辛い現実、恐い思い、止まらない不安。

だけど。

人は日常の中で少しずつ、この惨事を忘れてしまう・・・。
いま記憶している事は、きっと忘れてはいけない事なのに。

でも、人は忘れないと生きていけない。
だから、少しでも記録に残しておきたいと思う。

自分の持っているノートに、その日に感じた事を
少しずつ書き留めています。

忘れないために。
忘れるために。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も…

ゆきちのブログを読んで私も記録しておこうと思った!怖かったね、今でも地震酔いしてるよ。

♪kozさん

うん、恐かったね・・・。
でも、もう半分くらい忘れそうになってる。
余震がきても驚かなくなっている自分がちょっと恐いかも。

考えがごちゃごちゃしてわからなくなっているときは、ぜひ直筆で書いてみてね。
内容は、思いついたことをだーっと書いても、絵でもなんでも。
書いたことって意外と忘れないもの。
この経験がいつか役立つ日がくるかも知れないね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。