スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お揃いのバッグ&ポーチ。



昨年秋から通い始めたパッチワークキルト教室で
バッグを作りました。
お揃いのポーチも。

カリキュラムの一つなので、仕上がりの形は決められていますが
色柄の組み合わせは自由です。
布地を選ぶのにかなり悩みました。

パッチワークキルトは中学生の頃から、独学でちょこちょこと始めたのですが
仕上がりの色や形がいつも似たようなものばかり。
なかなか満足のいくものが作れず、この年齢になってやっと
「ちゃんと習ってみたいなー」と思ったことの一つです。

「あれ、ハワイアンキルトじゃないの?」と
思う方もいるかも知れませんね(^^;
ハワイアンキルトも続けてますよ~。

“ハワイアン”と“パッチワーク”では手法が少し違います。
ハワイアンキルトは、アップリケで模様を表現する方法、
パッチワークキルトは、布をつぎはぎして模様を表現する方法。

共通なのは、
表布、芯と呼ばれる綿(わた)、裏布の3枚を重ねて縫い、
1枚の布地に仕上げること。

まあ、ざっくり説明するとこんな感じです。

キルトは、技術的には難しくないんです。
簡単に言えば針と糸で縫っていくだけなので。

でも数限りない布地を組み合わせて、一つのデザインに組み立てていくのは
頭がクラクラするくらい難しい。

1枚の布では単調に見える模様でも
布と布の組み合わせ次第で、全く違った色柄になるところが
面白さでもあり、一番の楽しみでもあるのです。

この教室では毎回宿題がどっさり出るので、
提出期限に遅れないようにいつもアタフタしてます。
なんだか課題提出に追われていた学生の頃に戻った気分です。

今回作ったバッグ&ポーチ、実は色を母ちゃんの好みに合わせてみました。
見せたら取られちゃうかもなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。