スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椰子の木。

20091204132200
初めて海外に旅行したのは、
社会人になって最初の年の冬。

そこはハワイ、オアフ島。

常夏とは聞いていたけど
真冬の日本から開放的で暖かい島に降り立った瞬間、
花の甘い香りと陽射しの強さにすっかり魅了されてしまいました。

街を歩いていると目にするのが
ハワイアンキルトで作られたインテリアファブリック。

特に上下左右が対象的な柄にとても惹かれ
いつか自分で作ってみたい!と思っていました。

何度かハワイを訪れるうちには、現地でパターンの本を買ったりもしてみたのに、
日々の忙しさに紛れ、本を買ったことすらすっかり忘れていました。

そんな折り、縁あってハワイアンキルトを教えてもらうことが出来ました。

約半年かけて出来上がったクッションカバー、初の作品は椰子の木です。
ハワイアンキルトのパターンの始まりは、陽射しを受けた植物の影なのだとか。

ここ何年もご無沙汰しているハワイ、こんなパターンを眺めていると
また行きたいなーと思ってしまいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わぁ~

きれいにできたねぇ。
私はなんとハワイに行った事がないのです!!
いつか行きたいよぉ。

素敵だね♪

色も柄もとっても良いねv-301
一針一針大変だけど、作品が出来上がるとうれしいよねv-344
私も初海外旅行はハワイだったな…
また素敵な作品見せてねv-290

♪HARUZOさん

キルトは好きだけど、アップリケが苦手たっだたので
最初は「めんどう~」と思ったけど
一つ縫い終わる頃には楽しくなってしまいました。
夜中に作業するので、結構ハマるのよ(笑)
ハワイは空気が違うよ、ぜひ一度行ってみて~♪

♪Marcoさん

椰子の木のパターンは小さなカーブが多くて
慣れるまでが大変!
手縫いは、やりだす前は気が遠くなるけど、始めると楽しい~♪
懲りずにまた作るので(笑)ぜひ見てね(^-^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。