スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんこさん。

nyanko
夏、お盆の頃
にゃんこさんが天国へ行きました。

父ちゃん曰く、18年生きたそうですが、
子供達の記憶では16~17年、
多少の誤差はあるものの、人間で言えばおそらく80~90歳くらい。
事故にあったこともあるのに、ずいぶんと長生きしたなあ
と、にゃんこさんの生命力には脱帽です。

ある日、弟が車庫にいるのを見つけて連れてきた
鼻の低い、丸顔の小さい猫。

ちょっぴりプライドが高くて、小鳥や蝉を一発でしとめる狩の名手。
愛想がよくて甘えんぼで面倒見がよくて、
そっと寄ってきてはいつも膝の上にちょこんと乗っていた。

母ちゃんの車の音が聞こえると車庫まで迎えに行ったり
父ちゃんの晩酌の相手に、お刺身の一番美味しいところをもらったりして
子供達より美味しいごはんを食べていたにゃんこさん。

寒い冬にはお布団で一緒に寝てくれたり
朝起きるのが辛くて寝坊しそうなとき、飛び乗って起こしてくれたり
仕事で帰りが深夜になっても、玄関で待っていてくれたり
嫌なことがあってつい泣いてしまったときも、ずっと傍にいてくれたり。

私にとってにゃんこさんは、
結婚して実家を離れるまでいつでもそばで癒してくれた
優しいお姉さんのような存在でした。

こうして書いている間も
もうにゃんこさんはいないんだと思うと、涙が出そうになります。

最後はそっと息を引き取ったようです。
誰にも見つからないように…と。
最後まで気丈な猫だったなあ、と父ちゃんが言っていました。

今頃、天国でのんびりお昼寝でもしているのかな。

にゃんこさんにはいろんなことを教えてもらったような気がする…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご冥福をお祈りいたします・・・。

すごくショック・・・私も涙が止まらないよ。

ゆきちくん家にお泊りしたとき、一緒に添い寝してくれたり、おひざにちょこんと乗ってきてくれたり、じっと見つめてくれたり・・・家の娘の手荒な遊びにも付き合ってくれたにゃんこさん、あなたが天国に旅立ったなんて・・・とっても寂しい・・・。

でも、大往生だね。
すてきな家族に囲まれて、素敵なにゃんこライフだったね!

♪まみぞうさん

子供は苦手なのに、なぜか乳幼児のお世話をするのが好きだったみたい…おかしな猫だよね。
にゃんこさんもいろんな人にかわいがってもらって幸せだったと思う(/_・、)ありがとー。

かなしいなぁ…。読みながら、うるうるしてきたよ。ゆきち宅にお泊まりした朝、必ず六時に顔を舐められ、それでも起きないと顔をふみふみされ、それでも起きないと胸に乗られ、「なぜ飼い主が隣で寝てるのに、私を起こすのさ!」と思った日を思い出すよ。
天国で会えるよね!

♪おうこさん

ほんと、しつこいというか(笑)頑固な猫だったよね。
みんなのことをお世話できて、にゃんこさんは幸せ猫だったと思う(T^T)
またいつか会えるかも…ね(´ー`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。