スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハツナママッコリ!

女子4人で、大久保・韓国街。
といえば「美容にいいもの」探しだよね~。

ランチタイムは、最近お気に入りの「ボンジュ・チムタク」へ。
ここは韓国と同じデザインの店内で
まるで韓国にいるかのような雰囲気なのだとか。

まだ韓国には行ったことがないからわからないけど(^_^;)

DSCN9063-001.jpg

お料理は、チムタク(鳥の醤油・甘辛炒め)とサムゲタンをメインに注文。
このチムタクがい~い辛さ!!
辛いものが苦手な私だけど、美味しさを感じる。

DSCN9060-001.jpg

そして、初の生マッコリ!
生はおいしいよ~、と聞いたので飲んでみる。

DSCN9054-001.jpg

さらっとしていて飲みやすーい♪

昼間のいいお天気も手伝って、けっこういい気分(*^_^*)
夜はなかなか会えないメンバーなので、昼間のお酒もたまにはいいね!

お腹いっぱいになったあとは、街歩き。
美容に関することには、私以外みんな詳しい。
たくさんあるお店を覗きながら、お目当てのモノ探し。

美容クリームや洗顔料などを買ってみる。
これでもう少しお肌の艶が出るはず♪

途中、小腹がすいたというHちゃんと一緒にホットクを食べる。
あんこ入りがお気に入り。

DSCN9066-001.jpg

喉が渇いたので、珈琲やさんに入る。
おしゃべりに夢中になっていたら、アイドルグループが入ってきた!

わー、びっくり。

韓国アイドルの方々のお名前が全くわからないので、
せっかくのチャンスなのかもしれないけど、実感できずちょっと残念。

でも若くてきれいな男の子を見ると、自分のお肌の手入れが気になってしまうわー。
乙女心よねー。
せっかく買った美容グッズ、ちゃんと使おう。

散々食べて散々喋って、あっという間の1日でした。
スポンサーサイト

ローマで休日、昼。

Fiat500の姿を見たのち、しばらく放心状態のまま歩く。
「一緒に走りたいー」
とつぶやくダーリン。
思いがけず出会えた光景、良かったねー、本当に。

やっとメルカートの場所まで到着。
テヴェレ川沿いの入口を入ると、たくさんの露店がひしめき合ってる。

「プレーゴ!」という掛け声があちこちから聞こえる。

P2031993-001.jpg

洋服、靴、バッグ、家具、キッチン道具、古本、アクセサリー、インテリア雑貨…
予想よりかなり大きな蚤の市で、一通り回るだけで2時間以上!
もし目的のものを探すなら一日かけないと回りきれないかも。

P2032001-001.jpg

メルカートをあとにし、再び道に迷う。
とはいえ、方向は合っているので、迷ったついでにいろいろ寄り道。

小さな本屋さんで、写真を撮ってもいい?と聞くと
どうぞどうぞ~。というお返事。

どこでカメラを構えても、周りの人はそっとしておいてくれるので
心おきなく写真が撮れる。

路地に入ってもお店がたくさんある。
間口が狭いので小さいお店かと思うと、奥に広い。
歴史上、間口の広さで税金を収めていたというのは、日本だけではないのね。

P2032007-001.jpg

イタリアの一般的なお店では、
日本のように、勝手に手にとって見るというのではなく
ウィンドウ・ディスプレイを見てお店に入り
店員さんにお願いして、商品を出してもらう。

だから、商品の見せ方が本当に上手い。

P2032022-001.jpg

散々歩き回り、慣れない石畳で足より腰が痛くなってきた15時過ぎ、
やっとお昼ごはんを食べることに。

賑やかなレストランを見つけ、
ブルスケッタ、カルボナーラ、羊のお肉、サラダを注文。
ビッレ(ビール)とカフェラテも一緒にいただく。

お皿の大きさが分かりづらいけど、日本のサイズの倍くらいある。

P2032028-001.jpg

ゆっくり食事をしていたら、日が落ちてきた。
昼間は気温が12度くらいまであがったけど、夕方になると冷え込む。

体を温めるために、再び歩く。

P2032036-001.jpg

広い通りに出ると、車やバイクの往来が多くなった。
なかでもスクーターの2人乗りが目立つ。

「ローマの休日ってやつね!」
と、交差点近くでカメラを構えたら、1台のスクーターが止まった。

P2042058-001.jpg

「旅行者かい?僕らを見てたの?写真、撮ったか?」
というようなこと(たぶん)を話しかけられた。

私が写真を撮っているのを見かけて、
信号は青なのにわざわざ止まってくれたみたい。

そして
「楽しんでね!Ciao!」
と言いながら去っていった。

…感動してます。

イタリア、バンザーイ!

P2042064-001.jpg

ローマで休日、朝。

ローマ着は土曜の夜、ホテルには21時頃にチェックイン。
小腹が空いたので、近くのカフェへ軽食を買いに。

言葉、通じるかな、緊張する~(小心者)
「クエスト、エ、クエスト、ペルファボーレ」(かなり怪しい発音)
でパニーニとジュース、ビール等をゲット。
初めてのお使いをする子供って、きっとこんな気持ちだよな…。

P2031926-002.jpg

この時、Yちゃんに教えてもらった魔法の言葉
「ペルファボーレ」(~をお願いします、という意味)
この一言でお店の人の対応が変わることに気づく。

荷物を整理し、ベッドに横になったけど、
時差ボケになってしまい、いつもの生活にはありえないくらいの早起き。

朝食を済ませ、外出の用意をして歩き出す。
ローマは日曜日なので、まだ人の姿もあまりなく静かな朝。

道端に路上駐車された小さい車。
イタリア都市部では駐車場がないので、路上駐車は当たり前なのだとか。

P2031932-002.jpg

その中に、FIAT500を発見。
ダーリンと私、さっそくカメラを構えたのは言うまでもなく。
もうこれだけで寝不足も吹っ飛び、一日の活力がみなぎってきた。

この日の目的地は、ポルタポルテーゼのメルカート(蚤の市)

地図を見るとホテルから歩ける距離だけど、せっかくなので地下鉄を利用。
利用方法が日本とは少し違うのでドキドキ。

P2031938-001.jpg

しかし、地下鉄を出ると方向がわからなくなった。
私もダーリンも地図を読むのは得意だけど、どうしても距離感がつかめない。

数百年前の道や、建造物が生活の一部として当たり前のようにそこにある。
石畳の街並み、石造りの建造物、走っている車、店構え、看板、
目に入るものすべてが興味深くワクワク。

P2031955-001.jpg

街歩きを楽しみながら、迷いつつもなんとか方向を修正し
コロッセオ近くの道まで歩いてきた。

P2031455-001.jpg

たぶん歴史的に有名な大きな建物なんだろうな~と
(歴史や建造物に疎いもので…)
ロータリー脇の歩道でカメラを構えると
バタバタバタ~という車の異音が。

はっと気づき、音の方向を見ると、
なんとなんとFiat500が走ってきた!

P2031970.jpg

それも続けて何台も!!
色とりどりのちっこい車が次から次へと走ってくる!

P2031983-001.jpg

嘘のような光景に、とにかく夢中で写真を撮りまくる。

車がやってきてロータリーを回って走り去っていく、
ほんの数十秒の出来事。

しっかり日本語で
「すごい、いっぱいいる!すごいよー!!」
と叫んでしまった。

P2031989-001.jpg

私もダーリンもしばらく放心状態。
1台、2台が走っているところは見られても、パレードしている姿が見られるとは。

こんな偶然があるなんて。

イタリア、バンザーイ!

ホワイトアウト!

ニュースにもなっていた、あの吹雪の中、苗場へスキーに行ってきました~。
駐車場はマイナス8度、山の上はもっと低かったと思われます(^_^;)

独身の頃はシーズンになるとうずうずして出掛けてたけど、
いまやすっかりインドア派。

昨年、7~8年ぶりに連れて行ってもらい、ゲレンデに立ってちょっとビビりつつも、
意外と体は忘れないもので、一応自分なりのフォームで滑れました。

それからまる一年。
新潟方面は天気予報通りの猛吹雪。

しかしそこは苗場、吹雪でもリフトは動いてる~!

ゴーグルの内側が雲って凍って視界ゼロ。
ゲレンデには人がまばらなので、ぶつかる心配もなくウェアの色だけを頼りに滑走。

体力がなくて踏ん張りがきかず、転んでもすぐに起き上がれなくて
すっかり雪まみれ。

あまりに真っ白な世界なので、ふっと我に返ってしまうと
「こんなひどい天気の中、何をしているんだろう…」
となるので、ここはあまり深く考えず楽しまないと。

行き帰りはAくんが車の運転をしてくれたので超快適。
と言うか、もう帰りには体はギシギシでした。

写真も撮りたかったけど、カメラを出すのも一苦労。
次回はまた来年かな。
次こそいい天気で滑れたらいいなー。

あー、その前に体力作りしなくちゃなー(;_;)

行くぞ!の前に。

「で、イタリア旅行、どうだったの?」
と言われれば

行ってよかった…ふう。

と余韻に浸っちゃうくらい、面白かったです。
ほんの8日間、往復の移動を除けば6日程度しか滞在しなかったけど。

「そりゃあ遊びに行くんだもの、楽しいに決まってるよー」
と思うかもしれないけど、自分が考えていた以上に充実してました。

きっと私みたいな、ぼーっとして言葉もままならない
ぽにゃぽにゃした観光人を受け入れる寛容さを持った
イタリアという国のおかげなんだと思う。

あー、また行きたい。

行きたいよー!

P2031968-002.jpg

今回の旅はローマから入り、バスに乗って
フィレンツェ、ベネツィア、ミラノと北上する4都市巡り。

連泊するホテルもあるけど、移動していくので荷物はできるだけ少なく、
スーツケースの半分以下まで抑えた。

気温は日本と似ていて、東京から東北に向かう感じ、かな。
イタリアの冬は雨の日が多いそうなので、雨対策は必須。

ガイドブックを買う。
イタリア語がわからないので指差し会話の本も。

添乗員さん同行のツアーなので不安は少ないけど、
フリータイムも結構あるので、多少言葉を使えないと。

石畳の道は硬いので、靴は歩きやすいものを。
お買い物用バッグは多めに、カメラは予備のバッテリーを追加。

同行する添乗員T氏から数日前に電話があり、質問などを受け付けてくれた。

むかーしの情報では、スリや置き引きが多いとか
襲われそうになっただとか聞いたことあるけど?

「油断はできませんが、緊張して歩くほどではないですよ」
と教えてもらい少し気分が軽くなった。

ミラノ在住経験のある友人Yちゃんにも事前に聞き込み(笑)
経験に基づくたくさんのことを教えてもらった。

街の様子や美味しいお店、見ておきたい場所、そして魔法の言葉。
それがのちのち、イタリアに行ってものすごい威力を発揮することに。

P2031965-001.jpg

できるだけの準備はしたけど、やっぱり出発前ってドキドキする。

日本との時差は、マイナス8時間。
タイミングが悪くすっかり体内時計が狂ってしまったようで、
イタリア到着から帰国まで、ずーっと時差ボケに陥ることになってしまった…。

Buonjiorno!ITALIA

パスポートを持って、旅に行ってきました!
今回は初イタリア!!



イタリア旅行のきっかけは、ダーリン。
「FIAT500(車)がイタリアで走っているところを見てみたい」
と、結婚してからたまーに話していました。

まさかそんなに早く実現するとは思わなかったので
いつか行けたらいいねー、と気軽に返事をしていた私。

ある日、
「仕事のお休みが取れた、イタリアに行こう!」
と言うGOサインで2人とも気分が盛り上がり
イタリア旅行8日間というツアーに申し込みました。

P2021913-001.jpg

たまたま結婚記念日を含んだ日程になったので
まるでお祝いのための旅行のようだけど、気持ちとしては
いつもお仕事を頑張ってくれているダーリンのご褒美旅行。

写真をたーっぷり撮ってきたので、
ゆっくりとこのブログにアップしようと思ってます。

2月だ~。

P1041826-001.jpg

蝋梅がいい匂い。

わー、もう2月だって!
明日は結婚記念日だー。
Hちゃんのfbを見たら「絹婚式、麻婚式」って書いてあった。
布つながりで嬉しいぞお(*^_^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。