スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤、一面。

PA100469-002.jpg

彼岸花、曼珠沙華、と呼ばれている赤い花。
その群生地、日高市にある巾着田(きんちゃくだ)まで、秋ののんびりドライブ。

10月初旬ですでに花の盛りは過ぎ、半分は枯れて薄い茶色に変わっていたけど
まだ赤いじゅうたんを見ることができました。

PA100481-001.jpg

手前の畑には、蕎麦の花も満開。
ここの花は、白ではなくてピンク色。
蜂もせっせとお仕事中。

PA100486-001.jpg

風に揺れながら咲いていたコスモス。
お花摘みも出来るみたいだけど、私は写真で持ち帰り。

PA100494-001.jpg

年に1~2度、実家の母ちゃんにせがまれて行く、日帰りドライブ。
次はいつ頃、どこに行こうかな。
スポンサーサイト

90周年だそうです。

週末、秋の川越まつりに行ってきました。
今年は川越市制施行90周年ということで、それはそれは賑やかでした(^-^)/

PA210616-001.jpg

川越まつりは、この氷川神社への祭礼道具の寄進から始ったのだそうで、
お祭り初日のお昼すぎ、町の繁栄や幸福を祈るため神輿が氷川神社を出御します。

PA210702-001.jpg

川越氷川神社は縁結びの神様なので、
普段から良縁をお願いする方がたくさん訪れます。
こんな可愛いおみくじもありますよ。

PA210705-001.jpg

神輿が町をまわり厳かに氷川神社へと戻ると、次は山車の巡行。
例年だと15~16台ほどの参加数が、
今年は29台の山車が参加ということで、見ごたえたっぷりです。

山車が向かい合わせになり、お囃子を一層賑やかにする「曳っかわせ」
見物に来た人達も夢中で写真を撮っていました。

PA210670-001.jpg

川越まつりでは山車のすぐ近くまで見に行けるので
巡行の後ろにくっついて歩くのも楽しいのですが、
山車の少し先を見るのも面白いです。

山車の巡行にはたくさんの役割があって、それぞれの担当の方の動きがわかると
次に山車がどの方向へ動くのか、曳っかわせをやるのか、などが見えてきます。

「先触れ(さきふれ)」

PA210773-001.jpg

「手古舞(てこまい)」

PA210642-001.jpg

「鳶頭(とびがしら)」などなど。

拍子木の音が、山車を曳いたり止めたりする合図。
ほかにもたくさん役割があり、人混みを縫って円滑な山車の巡行に気を配っています。

PA210784-001.jpg

お祭りは子供も参加します。
昼間の山車巡行では、お囃子や踊りも子供がやるので、
いーっぱい練習するんだろうなーと感心してしまいます。

PA210677-001.jpg

山車はすれ違ったりほかの町内の会所に差し掛かると
曳っかわせを行います。

このタイミングに立ち会えると、お祭り気分がググッとアップ!

PA211201-001.jpg

もし川越まつりに来たなら、
ぜひこのお囃子の音を生で聞いて欲しいです~ヽ(´ー`)ノ

PA211221-001.jpg

それから、山車ごとの様相を見比べるのも面白さ倍増の秘訣。
上層の人形、四方を彩る幕、堂々の唐破風、回転台の彫刻etc…
どれをとっても、綺麗だな~、とつい口から出てしまいます。

PA210708-001.jpg

今年は、テレビ局のカメラもいつもより多く来てたような気が。
前日や当日のテレビを見て来た、という方も多いんでしょうね~。

写真や映像ではなかなか伝わりにくいところもあるので
やっぱり現地へ行って、実際に感じるのがいいのかも。

PA210731.jpg

さて、人混みにまみれ、お祭りの面白さをたっぷり味わったあとは
町歩きしながらのビール!うまいっ!!

PA211233-001.jpg

夜のお祭りは、昼にない興奮があるかも。
提灯をつけて夜の町を華やかに動く山車も必見。

DSCN8540-001.jpg

夜ももちろん、曳っかわせが行われます。
曳っかわせには勝ち負けはないですが、曳き方衆が手に提灯を掲げて
お囃子を盛り立てます。

DSCN8626-001.jpg

四つ角に3台、4台と集まり、曳っかわせをする様は迫力満点。
釘付けになって見ていたら、すっかりクライマックスを迎えていました。

DSCN8601-001.jpg


まろーん♪

DSCN8470-001.jpg

栗をいただいたので

茹で栗にしたり、栗ご飯にして、美味しく食べました。

秋ですねー♪

はいちーず。

P9220390-001.jpg

甥っ子のはるちゃん、1才11ヶ月。

最近、写真に撮られることを覚えました。

私がカメラを構えると

「はいちーずはいちーずはいちーず」

と言いながら、こんなポーズをしてくれます。

カメラのこと。

新しいカメラを手に入れました!
デジタル一眼というやつです。

DSCN8358-001.jpg

今までのがまだ使えるし、別にいいや・・・
と思っていたけど、手にしてみたら
ついシャッターを押したくなってしまった。

機能はまだ十分に使いこなせていないけど、
これからじっくり付き合えそう。

さて、カメラは自分自身を撮ることはできないので、
上の写真は、今まで使っていたコンパクトカメラで撮影。

そのコンパクト君は、下の写真に写っている青いほう。
ちなみに、この写真は携帯電話のカメラで撮影。

F1001099-001.jpg

鞄の中に入れて持ち歩くにはちょうどいいサイズ。
私の扱い方が雑なので、あちこち傷だらけ。

デジタル製品の進歩が著しい中、ロースペックに感じるけど
そこが使い勝手のいいポイントだったりして。

どちらのカメラも、私の最近のかわいい相棒。

あとは、腕。
写真を撮るっていうこと、もっと勉強しなくちゃな。

シェルポーチ。

フジツボではなくヨーヨーキルト、の次はポーチ。
こちらも課題作品。

このモチーフは、シェル(貝)。
ポーチ全体はキルトの基本である、綿入りになっています。

DSCN8299-001.jpg

縫い進め方がタペストリー等とはちょっと違うので
そこが苦労した点。

色は、明るくポップに!をテーマに
柄は、ドットをポイントに選んでみました。

こういうモチーフは、小さい端切れを使って作れるので
懐かしい生地やお気に入りの布など
色や柄を合わせるのがとっても楽しい。

雰囲気を変えて作ってみたい作品のひとつになりそう。

秋の準備。

秋の気配を感じると、むくむくっとよみがえってくる
毛糸への恋心(*^^*)

これからの寒い季節へ向け、暖を求めてつい手が出てしまう。

そして一目ぼれして取り寄せてしまったのが
このスコットランド製ウール。

小さな箱に詰められて、郵便やさんに運ばれてきました。
この状態で、すでに心はワルツ(笑)

微妙な色合いが本当にステキ。

作り始めるのは、もう少し寒くなってから。
春になるまでには完成の予定・・・です(^^;

DSCN8351-001.jpg

眩しいので、ご注意を。

DSCN8361-001.jpg

台風17号、ものすごい勢いで北上していったねー。

予報よりも早い速度で抜けていったのでホッとしたけど
自分が訪れたことのある場所の状況をテレビニュースで見るたび、
大丈夫だろうか?と少し心配になりました。

今日は一転、綺麗な秋の青空。

少々気温は高いけど、あの夏の暑さを思えば・・・
湿度が下がっただけで、こんなに楽になるなんて、ねー。

今日はお洗濯も楽しいぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。