スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルスイーツ。

すでにテレビなどではおなじみのようですが、
私はこの日にソラマチで初体験。

自分で作るアイスクリームのお店、
レムソンズにてオリジナルスイーツ作り!

まずは手を洗って、カップを受け取り、
好きなものを好きなだけ、好きな順番に入れていきます。

ソフトクリームを入れるも良し、

DSCN8054-001.jpg

トッピングを先に入れるも良し、

DSCN8059-001.jpg

フルーツは、最近お気に入りのマンゴーをチョイス。

DSCN8052-001.jpg

とにかく、種類が豊富なので、何を選ぼうか迷ってしまう~。

お会計は量り売りなので、ちょっとドキドキ。

DSCN8061-001.jpg

じゃーん!

出来上がりがこちら♪

DSCN8062-001.jpg

ランチ後で、お腹に入りきらなくなりそうなので
いっぱい盛りたくなる気持ちをぐっとこらえて、控えめに。
4人でシェアするには、ちょうどよい量でした。

このカップ、大きさは小どんぶりほどあるので
楽しさに油断すると、かなりの量になります。

お隣の席ではデート中と思われる若者が、それぞれのカップに山盛りで
食べながら頭キーン!になっていたみたいです。

盛りすぎには気をつけよう(笑)

ちなみに、一番凄い量だとどんな感じですか?
とスタッフさんに聞いてみました。

カップにスカイツリー並に盛り上げて、六千円以上の方がいらっっしゃいました~
とのこと。

食べる前に溶けちゃいそうだ(^^;
スポンサーサイト

そらのまち。

押上駅近くに住んでいる、友人宅へ遊びに行くことになり
せっかくならば、とソラマチに寄ることにしました。

朝早いほうが少しでも空いてるかな~?と
10時に待ち合わせしたにも関わらず
夏休みとあってか、駅ホームから家族連れでいっぱい。

事前にいろいろ調べてくれた友達のおかげで
混まないうちに、面白スポットをいくつか回ることができました(^^)v

やっぱり間近で見てみたい。
とまず行ったのは、スカイツリーの根元。

この日は風が強くて、雲行きが怪しく、
雨粒が落ちてくる前に写真を撮りたい!

DSCN8025-001.jpg

と、ベンチに仰向けになって、やっとカメラの画面に収めました。

向かい側のビルの窓に映る姿も、なかなかのモノ。

DSCN8026-002.jpg

いつも遠くから眺めていたけど、近くで見ると
その大きさに圧倒されるなあ。

展望台には行かなかったけど、ソラマチをぐるぐる散歩できて楽しかったです。

ただ自分としては、出展しているお店や全体の雰囲気が
もう少し地元密着な感じが出ていても、いいんじゃないかなー?
と思ったりして。
せっかく下町にあるんだから、ね。

今回は初めて行ったので、あまり細かいところまで見て回らなかったので
機会があったらまた行って、ソラマチの中も外も
いろいろ散策してみたいです。

そうそう、ソラマチの中にある千葉工大のオープンキャンパスで
ロボットに関する展示をしていたので、そちらも見学してみました。

未来に見向けた科学、面白いです。

レッドワーク。

こちらも、夏前になんとか提出できた課題、
レッドワークです。

白い布に赤で施すと「レッドワーク」
青に変わると「ブルーワーク」と言うのだそうで
この潔い、キリッとした感じが結構好きです。

DSCN8019-001.jpg

赤い刺しゅう糸で絵を描いてから、手縫いでキルティングをします。
サイズは約65cm×65cm

DSCN8022-001.jpg

白い布をひたすら縫う・・・
進んでいるんだかいないんだか分かりづらくて、
最後のほうはちょっと飽きました(^^;

でも仕上がってみると、
案外楽しかったな~なんて思ったりして。

続けてます。

この暑い時期にナンですが・・・

パッチワークキルトのレッスン、続けてますよ。
ということで、

夏になる前に出来上がったキルトの課題、タペストリー(壁掛け)です。
サイズは約88cm×88cm
型紙は指定ですが、色柄は自由。

DSCN7994-001.jpg

アップリケは「サンボンネット・スー」と「ファーマーズボーイ(ビリー)」
と言うモチーフで、農場にいる少年少女をイメージしてます。

私はこの雰囲気のものが全く苦手。
でも課題をクリアしていかないと次に進めないので
半年かかって、どうにかこうにか提出できた作品です。

先生には褒めてもらえたので、気分的には「良」かな。

夏の花。

実家の庭が、夏を迎えました。

紫陽花の咲いていた庭が
すっかり夏模様になっています。

P7290274-001.jpg

夏の花で大好きなのは、フヨウ。
アメリカフヨウの、綺麗なピンク色の花びらが
夏の空に映えます。

花は手の平よりも大きくて、
朝咲きはじめ、夕方にはしおれてしまいますが
つぼみを沢山つけるので、次々と咲いていきます。

美しい姿で、夏の暑さを少し
やわらげてくれているのかもしれないな。

P7290270-001.jpg

暑い夏だから。

ここは秘密の場所。
おいしーいうなぎが食べられるお店。

特別うなぎが好き!ってワケではないけれど、
一度食べたら病み付きになるほど、ここのうなぎは絶品です。

昨年はいろいろあって食べに行けなかったので、2年ぶり。

お店の雰囲気は、以前と変わらずちょっと独特。

P7290281-002.jpg

注文の後、炭火でじっくり焼く。

P7290277-002.jpg

暑い中、熱さにまけず、うなぎが焼かれる。
とにかく、他に類をみない太さ。

P7290278-001.jpg

うなぎの串焼き。
このボリュームだと、ごはんまで入らない。

P7290287-001.jpg

やわらかくて、ふわふわで、うなぎって美味しいなーと思う瞬間。

P7290286-001.jpg

寝不足だったけど。

P7270195-002.jpg

熱い戦いのオリンピック。
テレビで見てたら寝不足になったけど
面白かったなあ。

もう終わっちゃったね。

次は4年後かあ。

こくどうの旅、その2。

こくどう、とは酷道と書きます。
過酷な道、という意味です。

前日の山道は本当に「酷道」でした。
思い返しても、無事に着いてよかった・・・と思います。

P7280230-001.jpg

朝はいつもより少し早めに起きて、温泉へ。
一風呂浴びてから朝ごはん。
P7280237-003.jpg

コーヒーを1杯いただき、仲居さんに見送られて宿を後にしました。

P7280245-001.jpg

向かった先は、渥美半島。
2日目は今回の旅のメイン、「メロン狩り」が待ってます。
メンバーは全部で8人。

本日のスケジュールは全てお任せなので、
待ち合わせ場所へ行き、久々の再会に挨拶もそこそこで
さっそくフルーツ農園へGO!

お行儀よく並んだメロンたち。
重さによってお値段が違うようです。

P7280252-001.jpg

今回訪れた農園では、「狩り」と「試食」がセット価格になっていました。

さて、メロン狩りとはどのようなもの?
ぶどうや苺などはやったことがありますが
メロンについては未経験なので、私にとっては謎だらけです。

まずは「狩り」
農園の方から採りかたの説明を受け、ハウスへ。
ハウスの中はもちろんサウナ状態!1分後には汗が滴り落ちてきます。

P7280260-001.jpg

1株に1個のメロンがずーっと並んでいるので
その中から採り頃の実を一つ選びます。

メロンが落ちないように下に手を添え、茎をはさみでカット。
重さを支えていたロープのクリップを外し、

P7280256-001.jpg

箱の中にきちんと収めて、

P7280257-001.jpg

「狩り」終了です。

じつは、メロンを選ぶまでの時間が戦い。
ハウスの中が灼熱なので、早く外に出たいのと、
少しでも美味しいメロンを探したい気持ち。

念のため、量ってもらったら3㎏以上あり、満足。

その後は「試食」
完熟の、冷えたメロンが運ばれてきました。

P7280263-001.jpg

汗をたっぷりかいた後なので、1/2個もあっという間に完食。

P7280267-001.jpg

メロン狩り体験の次は、場所を移動してランチ。

それから渥美半島先端まで車を走らせ、
岩牡蠣、大アサリを堪能。

DSCN7930-001.jpg

ふわ~っといい香りがしてきます。

DSCN7931-001.jpg

威勢のいい、お店のおじちゃんが焼いてくれました。

DSCN7927-001.jpg

私、本当はカキって苦手だったのだけど、
物は試しと食べた岩牡蠣の美味しいこと!!

DSCN7928-001.jpg

大きさが分かりにくいかと思いますが
ひと口では入りきらないくらいのビッグサイズです。

はああ~、遠くまで来てよかったーーーーー。
やっぱり美味しいものは現地で味わうのが一番だあ。

この後、まだまだ美味しいものツアーは続き
解散は17時過ぎ。

みんなと別れ、帰路に向かいました。
東名高速豊川ICから入り、新東名高速道路を初走行。
御殿場ICまで渋滞もなく快適に走れました。

とにかく今回は走りに走って、わずか2日間で約900km。
よく遊び、よく食べた旅でした。

おわり。

こくどうの旅、その1。

気づけばもう夏真っ盛りですねえ。

5月にたけのこ掘りを一緒に行った方からのお誘いを受け
1泊2日の日程で、夏の旅行に出掛けました。

メインのイベントは2日目、愛知県での集合なので、
1日目は目的地までのドライブを楽しもうと温泉宿を予約しました。

P7270125-001.jpg

今回はダーリンたっての希望で、南アルプスを眺めながら走ることに。
高速道路のICを降り、R152を南下。
景色はとても美しく雄大で、つい車窓を開けてしまったら・・・
じりじりと腕に突き刺す陽射しがあまりにも痛くて
涼を求めて、高遠城跡公園にてしばし休憩。

P7270154-001.jpg

公園内に入ると、きちんと整備されているのに人の気配はほとんどなく
どうしてこんなに静かなんだろう?と思ったら
どうやら桜で有名な公園で、春は大変な賑わいなのだそう。

P7270137-001.jpg

昔々のお殿様やお姫様も、こんな暑い夏の日を過ごしたのかしら・・・

と歴史ロマンを感じつつ、公園の外に出ると
寺子屋の様子のお屋敷から
「子、のたまわく・・・」
と教えを説く先生の声に続いて、大勢の子供達の声が聞こえてきました。
そうか、もう夏休みなんだ~。

P7270143-001.jpg

P7270144-001.jpg

再びR152を進むと、分杭峠に差し掛かりました。

この一帯は磁場が強烈に引き合っている場所で、
写真中央の下に写っている建物の下のほうへ行くと、ゼロ磁場らしいです。
うーん、何か感じるかなあ?と思ったけど、わかりませんでした(^^;

P7270157-001.jpg

この日はまだ制限日に掛かっていなかったので、峠を走れましたが
峠付近の道は細く、車がすれ違うのもやっと、という箇所もあり
混雑回避のため、夏の間は自家用車の走行は制限されるみたいです。
道路の端にお知らせ看板が出ているので、もし行かれる方はご注意を。

P7270155-001.jpg

お天気は夏空、ずっと続く山道、
少々荒い路面もあるけど、かなりご機嫌な車の旅。

峠も無事越えられたし、一息入れようと
途中、横道に逸れて川遊び。

P7270168-001.jpg

ちょっと遠出をするときは、ガスボンベとお鍋、
コップ、お水、ドリップコーヒーのパックなどを積んでいきます。

P7270176-001.jpg

で、気に入った場所が見つかると、こうしてカフェタイムを楽しんでます。

P7270177-001.jpg

砂防ダムが多いせいか、魚は見つからなかったけど
小さなおたまじゃくしがちらちら泳いでいました。

P7270190-001.jpg

水の波紋と石の波紋。

P7270189-001.jpg

川岸には野の草花。
子供の頃は、へびいちごなんて呼んでたけど
本当の名前はなんていうのかな?

P7270183-001.jpg

童心に帰って遊ぶこと約1時間。
その間に近くの道路を通ったのは、車3~4台、バイク4~5台ほど。

そろそろ人里に下りようか、と
次に向かったのは、長野県飯田市にある元善光寺。
牛に引かれて善光寺参り・・・
の、あの善光寺がもともとあった場所、だそうです。

空腹を思い出し、参道にあるお店でお蕎麦をいただくことにしました。
ジャズの流れるお蕎麦屋さん、なんだか落ち着くなあ。

P7270200-001.jpg

再び車に乗り込み、R152からR418へ。

今夜の宿、湯谷温泉に向かって南下を続けるのですが・・・
このあとの写真がありません。

じつは、ここからが今回の旅の肝になりました。

宿までの距離を考えるとチェックインの時間に間に合わないかも!という事態に。
途中の休憩がちょっと長すぎました。

ナビでルートを選ぶと、県道1号を行け、と出ました。
地図を見ても近道なのかわからないな?と思う細い道。
初めて通るので、距離に見当がつきません。

天竜川を眼下に見ながら、天竜奥三河国定公園を抜ける道なのですが
実はひたすらワインディングが続く、
見事なまでにガレ場の多いこわーい道でした。

落石注意の看板どおり、至るところに山崩れ。
途中からは対向車も来なくなり、先が読めない状況。
落ちても誰にも気づかれないんじゃないだろうか・・・

写真を撮ろうという気持ちの余裕なんて、すっかりなくなってしまいました。

それより、ダーリンが緊張感を保って運転してくれているので
助手席に乗っている私もダウンするわけにはいかない。
と気張りつつ、2時間以上、左右に揺られてさすがに目が回ってきた。

あー、もう限界かも~~~吐く~~~(涙)

と、トンネルを抜けると見慣れない動物。
小鹿だ!まあるい目でこっちをチラッと見た!
ひゃー、かわいい!!

写真を撮りたかったけど、驚かすと申し訳ないので
そのまま通り過ぎてしまいました。

するとその先にも、猿の一群が子供連れで横切ったり
人家のない山の中なのに野良猫が道路に横たわっていたり
目を楽しませてくれるものに会えて、なんとか気分を盛り返し
約3時間の山道を乗り越え、無事、宿に到着することが出来ました。

川沿いの宿での御夕飯は鮎尽くし。
それから、ドライブで緊張した体をほぐすべく、
温泉にゆっくり浸かってきました。

なかなかハードな1日目、ビールがいつもより美味しく感じられました。

つづく。

一宿一飯の・・・。

ベランダがプランターと葉っぱで埋もれています。

コンクリートを熱くしないための暑さ対策!
とダーリンは言っていますが、効果の程はわからないです~。

プランターの上に、黒い虫。
見えるかな?

DSCN7945-001.jpg

角からおしりまで、7センチくらいある立派なカブトムシ。

ダーリンが連れて帰ってきました。
夜遅くの帰宅途中、道端でひっくり返っていたのだそう。
ちょっと弱っていたので、砂糖水を飲ませたようです。

一晩経ったらすっかり元気になって
夕方にはどこかに飛んで行ってしまいました。

この立派な角で、今夜もどこかで、恋の格闘をするんだろうなー。
がんばれよー!

DSCN7941-003.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。