スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苺とパン。



風邪、つらい~

と、部屋でうだうだしていたら、ダーリンに
「ビタミン補給に行くぞ!」
とお尻をたたかれ、毎年恒例の苺狩りに行ってきました。

目的地は例年同様、千葉県成東のとある苺農園。
ハウスの中では適度な温度と湿度で、イガイガした喉も気にならず
採れたての瑞々しい苺を食べられてしあわせ~♪な気分でした。

この農園では、とちおとめ、べにほっぺ、あきひめ、ふさのか、の
4種類が植えられていると言うので、さっそく味比べ。

ふさのかは千葉県の品種で、他の地域ではあまり出回らないそうなので
ふさのかをメインに食べまくってきました。

その後、まだお昼前だったので九十九里をドライブ。
じつはもう一つ、目的地があったのです。

以前、一緒にお仕事をしたことのある方が前職を辞め、
房総でパン屋さんを開いたというのを風のウワサで聞き
一度行ってみたいなあと思っていました。

パンはオープンから一時間ほどで完売してしまうというくらい
地元の方に好評だということで
果たして私たちは手に入れることが出来るのだろうか!?という
ちょっとしたアドベンチャー的要素も楽しみつつ
なんとかそのお店を見つけることができました。

カフェスペースもある店内は潔いくらいすっきりとして
彼のセンスが随所に表れていて、とても素敵です。

パンは、イチジクの入ったものと、ライ麦パンをゲット!
紙袋を受け取るとずっしりと重く、香ばしいにおいが。
あとはもう食パンが2~3斤あるだけでした。

カフェのほうは午後からのオープンということだったので
一度海まで行ってみることに。
冬の海を車の中から眺めながら、
ついついイチジクのパンをつまみ食いしてしまいました。

再びお店に戻り、カフェで一息。
ブルーベリーがこぼれるほど載せられたタルトがほんのり甘くて
コーヒーとの相性も抜群でした。

前職とは全く違う世界で、生き生きとパン作りをしている彼の顔は
一緒にお仕事をしていたときよりも優しくなったように見えました。

お店に入ったときには気づいてもらえなかったけど
「お久しぶりです」と声をかけたら、すぐに思い出してくれました。

暖かくなる頃、また行きたいなあと思います。
スポンサーサイト

身体は大切に。



ああ…
今シーズン3度目の風邪を引いています。

今週の火曜日、なんだか寒気がするな~と思って
早めに風邪薬を飲んだのですが、間に合わなかったみたいです。

悪寒→関節痛→微熱→寒気→頭痛→鼻づまり→喉の痛み→咳→鼻水…
と、どうやら一般的な風邪の諸症状は網羅したみたい。

寝込んだのは一日で済んだけど、
食欲はあっても味覚を感じないので、何を食べてもゴハンが楽しくないし
頭痛もひどいので集中力もなく、ただぼーっとしているだけ。

今は喉の痛みが激しく、涙目が止まらず
まるで某有名アニメに登場する乙事主様のような顔にもなってるので
外出も最小限に控え、とりあえずじっとこらえてます。

ただ、シーズンで最初になった風邪も同じような症状だったので
だいたいいつまで続くか予想が付くだけにブルーな気分…。

ここまで風邪が長引くことは今まであまりなかったので
やっぱり運動不足が体力低下につながっているのかな。

テレビでオリンピックの選手達が生き生きと活躍している姿を見ると
健康って大切だなあ、としみじみ思います。

刺しゅう講座、その4。

20100214220118.jpg


ちょうどクリスマス前ということもあり、
刺しゅう講座4回目では「クリスマスブーツ」を刺しゅうしました。

「刺しゅう」と聞くとどうしても
「図案どおりにびっしり糸を刺す」というイメージがありますが、
この回は少し趣を変えて、あまり神経質にならずに大胆に!
というのがテーマでした。

材料もリボンやパールのついたテープ、レース、ビーズ等様々なものを使って
図案を描かずにどんどん思いのまま糸で留めていきます。

「クリスマスをイメージして、楽しくね!」
あまりにもざっくりした先生の説明に、最初はおそるおそるでしたが
思い切ってだだだーーーーーーっと刺し始めると
面白くて止まらなくなってしまいました(笑)

しかしこの後、年末年始のお休みが入り、
次のレッスンまでしばらく時間が空いたので
クリスマス熱がすっかり冷め、とうとうブーツにはならずじまい(汗)

今年の12月までには仕上げて、
プレゼントがたくさん入ることを祈ろう(^^;

刺しゅう講座、その3。

20100214215848.jpg

ベルベットにきらきらの糸・・・
刺しゅう講座3回目は、ゴールドワーク。
その名のとおり、金色の糸で表現します。
金色の糸を使うのは初めて。

ゴールドワークの歴史は古く、
金糸は本来、本物の金を含んだものを使うのだそうですが
レッスンではもちろんそんな大それたものは使いません。

でも、市販の糸といっても綿やポリエステルオンリーの糸とは違い
少しクセがあるので、慣れるまでちょっとコツが要りました。

ベルベットも初めて使ってみたけど、
針の刺さり具合がプチッとなってなかなか気持いい感じ。

デザインは先生が描いてくれた「蜂」
胴の部分は3cmくらい、かな。

仕立ては、巾着にしようか、それとも額にして壁に飾ろうか・・・考え中です。

刺しゅう講座、その2。

20100214220829.jpg

刺しゅう講座、第2回目は「カウントワーク」
その名のとおり、布地の目を数えて刺していく方法です。

カウントワークは図案を見ながらサクサク進むのでわりと好きです。
クロスステッチなどもこの技法に入ります。

写真のこれ、実はメジャー。
刺しゅうしている部分は2cm四方くらいの大きさで
周りを別の生地で覆い、ビーズを飾りつけています。

こういう小物を作るのは初めてで
材料を渡された時には想像ができず「???」だったけど、
完成すると、あらら!かわいい~♪

レッスン用の小さなお裁縫箱に入れたら、意外と存在感を醸し出していました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。